脱毛 秋

MENU

脱毛は痛い?

脱毛というと、やっぱり気になるのがどれくらいの痛みがあるか…です。多くの人が「脱毛=痛い」と思っているだけに、それに対する不安も大変なものとなっています。とはいえ、最近の脱毛技術は向上しており、その痛みも減少してきています。昔の脱毛に比べれば、はるかに痛みがなくなってきたといえるでしょう。

 

ただし、まったく痛みがない…とはいえません。また、脱毛をおこなう部位によっても痛みが違ってきます。単純に言うと、出力が高いほど痛みが強い…つまりは、高い効果を願うほど、痛みは強くなるといったところでしょうか。脱毛における痛みというのは、毛穴が受けたダメージの大きさでもあるのです。
そういう意味でも、永久脱毛としての効果が一番に期待できるといわれているニードル脱毛は、まさにこの通りと言えます。針を直接毛穴に入れるニードル脱毛は、相当な痛みが伴いますが、その効果は高く評価されています。場合によっては麻酔を使用する人もいるそうですから、その痛みは相当なものといえるでしょう。
それに比べてフラッシュ脱毛は痛みが少ない分、施術の回数が長くなります。さらに、料金も比較的安価となっています。

 

最近では痛みの少ない機種も増えていますから、痛みが強いのは古い機種を使っている可能性が高いといえます。痛みが気になる人は、まずは気になるエステサロンやクリニックではどんな機種が使われているのか調べてみるといいでしょう。また、口コミサイトでの感想も要チェックです。


痛みを軽減するためのコツ

脱毛方法や使用する機種によっても痛みは異なりますが、その人の痛みの感じ方や体毛の状態などでも、受ける痛みは変わってきます。でも、できるだけ痛みは軽減したいもの…できることがあれば、やっておきたいですね。

 

痛みを軽減するポイントとしては、日焼けをしないことが挙げられます。脱毛は黒い部分に反応しておこなわれますので、色白の人はより的確に毛根にダメージを与える事ができるのですが、色黒の人は余計な部分にまで反応してしまい、それが痛みとして強く感じられることとなってしまうのです。ですから、日焼けしないようにすることはもちろん、もししてしまったら肌の状態が落ち着いてから施術を受けるようにするといいでしょう。というか、日焼けしやすい夏は避けるようにするのが一番です。

 

また、生理の前後は避けるようにします。この時期は肌が敏感になってしまっているので、外部からの刺激や痛みに過剰に反応しやすくなっています。だいたい、生理の前後1週間は施術をおこなわないようにするのがいいでしょう。

 

そして、あまりにも痛みが強い場合はレベル調整してもらうのも、一つの方法となります。出力が低くなるとそれだけ効果も下がりますが、痛みを我慢しておこなうよりかはマシ。痛みに恐怖を覚えてしまい、施術自体が受けられなくなってしまったら本末転倒です。そうならないためにも、無理して高い出力でやらなくてもいいのです。「痛みに弱いので…」と伝えて、様子を見ながら少しずつレベルを上げてもらうようにしましょう。